スウェーデン、元中国大使を無罪 香港の書店関係者拘束巡り

2020/7/11 2:25
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】中国共産党に批判的な本を扱う香港の書店関係者が中国に拘束された問題を巡って、スウェーデンの裁判所は10日、越権行為で訴追されたリンドステット元駐中国大使に無罪判決を言い渡した。英BBCが報じた。

ストックホルムの裁判所に姿を見せたリンドステット元中国大使(右、6月)=AP

香港の「銅鑼湾書店」関係者でスウェーデン国籍の桂民海氏は2015年にタイで失踪し、後に中国当局に拘束された。リンドステット氏は中国大使だった19年1月、桂氏の娘と中国人実業家らとストックホルムで会合し、釈放の手助けなどについて話し合った。

リンドステット氏は会合について本国から許可を得ておらず、越権行為に当たるとして12月に起訴されていた。検察は「会合で中国の利益を代表する人物と接触した」と主張したが、裁判所はこれを否定した上で、大使としての職務の範囲内だったと判断した。

銅鑼湾書店の株主である桂氏は、海外に違法に情報を提供したとして今年2月に懲役10年を中国で言い渡された。スウェーデンの文化団体は19年11月に桂氏に言論の自由をたたえる賞を贈っている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]