プロ野球

ロドリゲス、逆転サヨナラ弾 オリ・ファン拍手

2020/7/10 23:27
保存
共有
印刷
その他

2点差を追っていたオリックスの九回の攻撃もあっという間に2死。このまま店じまいかという雰囲気が漂ったところから、よもやの逆転劇は始まった。

九回2死一、二塁、ロドリゲスが左越えに逆転サヨナラ3ランを放つ=共同

九回2死一、二塁、ロドリゲスが左越えに逆転サヨナラ3ランを放つ=共同

ジョーンズが粘って四球を選び、続くT―岡田も四球。ともに日本ハム・秋吉のスライダーにこれでもかと食らいついてファウルを重ね、フルカウントから選球した。

大砲たちが見せた出塁への執念にロドリゲスが奮い立つ。広沢に小田と俊足の2人が代走に起用され、長打が出れば同点という場面で低めのチェンジアップを思い切りたたくと、弾丸ライナーがそのまま左翼席へ。一人で試合を決める鮮やかな逆転サヨナラ3ランとなった。

ロドリゲスは八回に宮西から安打で出て、1点目のホームを踏んだ。佐野の判断ミスによる走塁死でさらなる好機は逸したものの、手も足も出なかった先発有原が7回で降りたことが、オリックス打線の反発力を呼び起こしていった。

胸のすくようなどんでん返しを支えたのが観客の声援だったのはいうまでもない。入場制限のため、数こそ4000人と少なかったものの、無観客の寂しさの反動からか、沸き起こる拍手はその何倍にも感じさせた。「ファンが球場に来た初日にこういう結果になって最高だ」とロドリゲス。極上のプレーや勝利に観衆が歓喜する。スポーツの本来の姿が戻ってきた。(合六謙二)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 阪神戦に先発した広島・森下=共同


 プロとして世を渡るには、お得意先をつくるのが手っ取り早い。ルーキーイヤーを快調に走り出した広島のドラフト1位・森下(明大出身)は、もう上客を見つけたようだ。この日許したのは2安打のみ、四球も与えずプ …続き (14日 23:10)

 日本ハムは14日、札幌ドームで9月1日から20日まで行われる12試合の入場者数の上限を5千人で継続すると発表した。
 新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立っていないため上限を緩和するのを見送った。 …続き (14日 18:35)

5回西武1死一、三塁、高木が右前に適時打を放つ(メットライフドーム)=共同

【西武13―8楽天】西武が今季最多の13得点で連敗を7で止めた。6―7の五回に金子や高木の適時打など6連続を含む7長短打で一気に6点を奪った。四回から継投に入り2番手の今井が3勝目。楽天は則本昂が誤算 …続き (14日 22:24更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]