長野・上高地の孤立解消 岐阜県側への通行可能に

2020/7/10 21:37
保存
共有
印刷
その他

長野県松本市は10日、大雨による影響で国道158号が通行止めになり、8日から孤立状態となっていた観光地の上高地で、岐阜県側への通行が可能になったと発表した。宿泊客は9日に全員徒歩で下山している。

松本市によると、長野県側の通行止めは続いていて、15日にも全面通行できるように復旧作業が進められている。

長野県によると、8日、上高地に近い国道158号のトンネル付近で土砂崩れが確認され、約30メートルの区間が土砂に覆われた。道路上の土砂を一部取り除き、9日午前になって、徒歩では通れるようになっていた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]