出光興産社長「製油所統廃合を前倒し」コロナで需要減

2020/7/10 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響が長引き、石油の需要減は中長期的に避けられない。石油元売り大手出光興産の木藤俊一社長は日本経済新聞とのインタビューで製油所の統廃合が「当初計画より前倒しになる」と強調。再生可能エネルギーなど新規事業を育成し、業態変化を急ぐ考えを示した。

――石油需要をどうみますか。

「外出を控える動きが広がり、4月のガソリン需要は前年同月比で2割、5月は3割落ちた。人々の生活様式は変わり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]