地方都市にホテル拡大 はれコーポ、奈良・群馬で

2020/7/10 20:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

有料老人ホームなどを手掛ける、はれコーポレーション(岡山市)はホテルを地方都市で広げる。長野県松本市で運営する第1号施設の実績を生かし、奈良市と群馬県で計画中だ。ホテル事業は当初、主にインバウンド(訪日外国人)が照準だったが、新型コロナウイルスの影響で観光需要が読みにくい中、ビジネス需要も見込める都市での立地を探る。

奈良市では近鉄奈良駅の近くにある「小西さくら通り商店街」の一画に設ける。敷地面…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]