KDDI、タクシー相乗りで通勤 コロナ対策で実験

2020/7/10 19:37
保存
共有
印刷
その他

KDDIは社員約2000人を対象に相乗りタクシーを使った通勤の実証実験を始める。スマホアプリで指定した場所からタクシーに乗って通勤する。新型コロナウイルス感染防止のために混雑した電車を避ける動きが広まるなか、新たな通勤スタイルを確立できるか探る。

タクシー大手の国際自動車(東京・港)、自動配車システムを手掛けるスタートアップの未来シェア(北海道函館市)と共同で、7月13日から8月7日まで都内で実験する。ミニバンタクシー約10台を使う。利用者は事前にアプリで希望の乗降場所、時刻を指定してタクシー配車を予約する。マッチング計算をして運行ルートを確定。社員数名を乗せ、目的地まで送る。

社員が新型コロナに感染した場合、タクシーの利用データを元に濃厚接触者を特定すれば、感染拡大を防ぐことができるとみる。KDDIは実験で蓄積したデータを活用し、サービス化に向けて検討を進める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]