妊婦の遠隔診断機器、海外で拡販 メロディ・インタ
医師不足やコロナで需要増

四国
香川
2020/7/10 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療機器製造のメロディ・インターナショナル(高松市)は、妊婦の遠隔診断に使用する機器の販路を海外で拡大する。医師不足や新型コロナウイルスの影響などから、自宅にいながら胎児の状態を把握できる機器の需要は海外でも伸びていて、アジアや中東などの医療機関に売り込む。

メロディは2015年設立のベンチャーで、電子カルテ開発会社の社長だった尾形優子氏が立ち上げた。国内では19年から遠隔診断の機器を本格的に販…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]