JR北海道、12000円の6日間周遊パスなど発売

インバウンド
北海道
2020/7/10 18:15
保存
共有
印刷
その他

12日に開業するウポポイの集客も後押しする

12日に開業するウポポイの集客も後押しする

JR北海道は10日、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」と「開業記念ウポポイきっぷ」を17日に発売すると発表した。道内観光を国内外に発信する「HOKKAIDO LOVE!」プロジェクトの一環で、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ観光需要を喚起する。

6日間周遊パスは大人1人1万2千円で、北海道内の在来線特急・普通列車の普通車自由席とJRバスが6日間、乗り降り自由になる。普通車指定席も4回まで利用できる。道の補助金を活用して割り引く。従来からある7日間利用可能な「北海道フリーパス」は大人1人2万7430円。

12日開業の民族共生象徴空間(ウポポイ、白老町)来場者向けの「開業記念ウポポイきっぷ」(高校生以上1人3800円)では、ウポポイの入場券か事前予約を証明すれば札幌―白老を特急自由席で往復できる。同行の小中学生は500円で「開業記念ウポポイきっぷU15」を購入できる。

道内各地の鉄道風景を紹介する「北の大地の入場券」は18日発売。表面に風景写真を載せ、裏面には路線図を載せる。全86種類を道内の駅で販売し、入場券を1枚ずつつなげると路線地図ができあがる仕様だ。価格は1枚200円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]