中国、EUに実質敗訴 ダンピング認定の基準めぐり

貿易摩擦
2020/7/10 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国が欧州連合(EU)に対してダンピング(不当廉売)認定の基準変更を求めていた訴訟の継続を断念し、実質敗訴した。日米欧はダンピングを理由に中国から安価で流入する鉄鋼製品などに追加関税を課しやすい状況が当面、続くことになる。

中国は新型コロナウイルスからの回復を急ぐため国内需要を上回る生産を続けている。余った中国製品が国外に流れれば反ダンピング関税を課す動きが活発になる可能性があ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]