「8月末に首相訪米を」 米国務副長官、外相に伝達

朝鮮半島
2020/7/10 18:00
保存
共有
印刷
その他

茂木敏充外相は10日、都内の飯倉公館でビーガン米国務副長官と約1時間会談した。ビーガン氏は8月末の安倍晋三首相の訪米に期待感を示した。米国開催を検討する主要7カ国首脳会議(G7サミット)を念頭に「トランプ大統領が首相を迎えるのを楽しみにしている」と伝えた。

会談に臨むビーガン米国務副長官(左から3人目)と茂木敏充外相(右端)=10日、東京都港区(代表撮影)

茂木氏は日米安全保障条約が発効から60年を迎えたことに言及し「時代に即した形で日米同盟を深化させるべく取り組んでいきたい」と話した。ビーガン氏は「今まで以上に緊密に連携するのが重要だ」と指摘した。

河野太郎防衛相も同日、ビーガン氏と会談した。河野氏は北朝鮮情勢を巡り「ミサイル発射は明確な国連安全保障理事会決議違反で、国際社会としてしっかりメッセージを出さなければならない」と伝達した。

ビーガン氏は米国の北朝鮮担当特別代表を兼務する。9日には秋葉剛男外務次官と意見交換し、10日に北村滋国家安全保障局長や外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長らとも会談した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]