関西ペイント、アフリカ・中東を縮小 収益重視に

2020/7/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西ペイントは海外の拡大路線を転換する。2020年度中にナイジェリアから撤退。アラブ首長国連邦(UAE)では内装用塗料などを製造する合弁会社を解消した。欧米の塗料メーカーに先駆けて新興国に進出したが、経済減速で業績が悪化した。中国で展開する建築用塗料も撤退を決めており、自動車向け塗料が強いインドなど収益重視にシフトする。

同社はM&A(合併・買収)を加速させ市場の成長が見込める中東やアフリカなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]