ソウル市長補選、21年4月 現職死去で大統領選影響も

朝鮮半島
2020/7/10 17:16 (2020/7/10 22:06更新)
保存
共有
印刷
その他

朴元淳ソウル市長とみられる遺体を運ぶ警察当局者ら(10日、ソウル)=ゲッティ・共同

朴元淳ソウル市長とみられる遺体を運ぶ警察当局者ら(10日、ソウル)=ゲッティ・共同

【ソウル=鈴木壮太郎】朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の死去を受け、2021年4月の補欠選挙への関心がにわかに高まった。ソウルと釜山の二大都市の首長を選ぶ重要な選挙になったからだ。結果次第では文在寅(ムン・ジェイン)政権の運営や、22年3月の大統領選にも影響を与えかねない。

「すべての皆さんに申し訳ない。苦労ばかりかけた家族にはもっと済まない。皆さん、さようなら」。ソウル市は10日、同日未明に遺体で発見された朴氏の遺書を公開した。

朴元淳ソウル市長

朴元淳ソウル市長

朴氏の遺体は韓国大統領府の裏にある山中でみつかった。警察は自殺の可能性が高いとみて捜査している。動機は明らかになっていないが、韓国メディアは元秘書の女性が朴氏からのセクハラ被害を警察に訴え出たと報じている。

朴氏は与党「共に民主党」の大統領候補の一人だった。ソウル市長時代に大胆な都市再開発で名を上げて大統領に上り詰めた李明博(イ・ミョンバク)氏とは一線を画し、日本の自治体の手法も参考に地域の特色を生かしたまちづくりを推進した。

だが、朴氏の市政は成果が目に見えにくく、かつては世論調査で与党の大統領候補の首位を走っていたが、最近は李洛淵(イ・ナギョン)前首相や李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事に大きく水をあけられていた。

韓国では与党系自治体トップの不祥事が相次いでいる。忠清南道知事だった安熙正(アン・ヒジョン)受刑者は18年、性暴力を受けたと秘書から告発され懲役3年6月の実刑判決が確定した。同受刑者も有力な次期大統領候補だった。

釜山市長だった呉巨敦(オ・ゴドン)氏も今年4月、女性公務員からセクハラを告発され辞任した。朴氏の死去に伴い、ソウルと釜山のトップが空席になった。

これに伴い、がぜん重要度を増したのが21年4月7日投開票の補選だ。韓国では国会議員や自治体の首長などに欠員が出た場合、毎年4月に補欠選挙を行うよう定めた規定がある。ソウルと釜山を合わせた有権者数は1000万人を超える。京畿道の李知事、慶尚南道の金慶洙(キム・ギョンス)知事も係争を抱え、判決次第で失職の可能性がある。京畿道、慶尚南道でも選挙が行われれば、全国で4400万人いる有権者の半分が投票する「大統領選の前哨戦」になる。

今年4月15日の総選挙で与党系が180席を確保し圧勝した文政権にとって、大型補選は全くの想定外だった。22年3月の大統領選まで、国民の評価が下される大きな選挙はないと考えていたからだ。

4月の総選挙では新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)という強い追い風が吹いた。新型コロナが欧米で猛威を振るい、感染の爆発的な拡大を食い止めた文政権への評価が高まった。

だが、最近は文政権にとって悪材料が噴出している。新型コロナの経済への影響はこれからだ。国際通貨基金(IMF)は20年の韓国の経済成長率をマイナス2.1%と予測する。景気が冷え込むなか不動産価格は高騰を続け、マイホームを持てない人たちが政府批判を強めだした。看板政策である南北融和も北朝鮮による南北共同連絡事務所の爆破で進展が極めて難しくなった。

世論調査会社の韓国ギャラップが10日発表した文政権の支持率は47%と、ほぼ4カ月ぶりに50%を下回った。5月の71%から急落している。明るい材料が見つからないまま21年4月の選挙に突入すれば思わぬ苦杯をなめかねない。

保守系野党「未来統合党」には形勢挽回の機会にもなる。聯合ニュースによると、金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長は「大統領選に次ぐ選挙になる。準備しだいで良い結果を出せる」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]