/

ミサイル防衛「打撃力必要」 前安保局長、自民会合で

自民党は10日、ミサイル防衛に関する検討チームの会合を開いた。谷内正太郎・前国家安全保障局長ら有識者から意見を聴取した。谷内氏はミサイル防衛の強化に向け、敵の拠点をたたく打撃力の保有が一定程度必要だと指摘した。

会合には谷内氏のほかミサイル防衛に詳しい神保謙・慶大教授を招いた。

自民党は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画断念を受け、代替策を議論する検討チームを立ち上げた。ミサイル発射前に相手の拠点をたたく敵基地攻撃能力の保有についても議論し、月内にも政府への提言をまとめる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン