「返済猶予後、共に考える」 コロナ融資で百五銀頭取

2020/7/21 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が中小企業の経営を圧迫している。地域金融機関はどう企業を支えていくのか。百五銀行の伊藤歳恭頭取に聞いた。

――中小企業の資金繰りの状況は。

「今のところ余裕を持って資金を確保できている。5月に民間金融機関で実質無利子・無担保融資の受け付けが始まったのも大きい。6月末までにコロナ関連融資は5350件、計1879億円の申し込みがあった。当行の中小企業向け融資残高(約1兆3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]