赤字事業の縮小撤退も ジェイテクト、合理化急ぐ

愛知
2020/7/10 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ジェイテクトは経営の合理化を急ぐ。トヨタ自動車出身で6月末に就任した佐藤和弘社長は「見込みがなければ(赤字事業の)縮小撤退もあり得る」と表明した。2006年の光洋精工と豊田工機の合併から15年目を迎えた。連携が不十分との指摘がある中、統合効果を発揮させることで収益力に結びつける。

佐藤社長は事業別に赤字の原因を分析した上で、「選択と集中で会社のどこに力を入れていくのか、ファクトに従って判断する」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]