演劇再始動「ルール固定したくない」 新たな運営手探り
「ウィズコロナはウィズ配信」の時代に

カバーストーリー
2020/7/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で休止していた日本の演劇公演が再開し始めた。主催者は観客数を減らすなどの対策をとりながら、新たな興行や表現を探っている。実態をリポートする。

「ほっとしました。当たり前のことができるうれしさに、通し稽古では涙が出た」。こまつ座の井上麻矢社長は感慨を語る。

父である作家、井上ひさしの人気作「人間合格」の東京公演が6日に始まり、約4カ月ぶりに公演を再開させた。ほとんど毎月のよ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]