/

世田谷の旧尾崎邸、小池知事が保存支援意向

東京都の小池百合子知事は10日の記者会見で、世田谷区内にある尾崎行雄ゆかりの洋館の保存運動について、都として支援する意向を示した。世田谷区の豪徳寺にある洋館には解体計画がある。小池氏は「すてきな洋館だ。都として何かできないか、文化財としてなんとか守っていけないか知恵を出す」と述べた。

地元住民や遺族らによる保存運動に関して、世田谷区も洋館の調査に乗り出している。「憲政の神様」として知られる尾崎行雄は現在の都知事に相当する第2代の東京市長も務めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン