ANAグループ、21年度入社の採用中止 内定は維持

2020/7/10 15:22 (2020/7/10 20:20更新)
保存
共有
印刷
その他

ANAグループは新卒採用の中止を決めた

ANAグループは新卒採用の中止を決めた

ANAホールディングス(HD)は10日、グループの2021年度入社向けの採用活動を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、当初進めていたグループ全体で3200人程度の採用活動を5月に一時中断。流行が長期化し事業計画が見通せないと判断し、中止を決めた。

志望者には電子メールなどで中止を通知した。既に出した専門学校生など約600人分の内定は取り消さない。自社養成パイロットと障害者の採用は継続する。

新型コロナで旅客需要が落ち込み、ANAは既にグループの9割以上に当たる約4万3500人を対象にした一時帰休などを実施。新たな労働力の現場への配置がしにくい状態だ。国内の航空会社では、日本航空(JAL)が21年度の新卒採用を現在一時中断している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]