IMF首席エコノミスト「世界景気、なお下方リスク」

2020/7/10 14:00 (2020/7/10 16:41更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】国際通貨基金(IMF)のギータ・ゴピナート首席エコノミストは9日、日本経済新聞の取材に「世界には新型コロナウイルスの感染第2波など、なお複数の下方リスクがある」と懸念を示した。2020年の世界経済は大幅なマイナス成長とみており、上昇する株価には「過大にリスクをとっている兆候がある」とも指摘した。

IMFは6月に世界経済見通しを改定し、20年の成長率をマイナス4.9%へと大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]