夏商戦に異変? 大型家電「リベンジ消費」で活況

日経MJ
2020/7/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の緊急事態宣言の解除から1カ月がたち、小売店では新型コロナ感染拡大後初となる夏物商戦が始まった。夏のボーナスが低調な中、外出自粛の反動で「リベンジ消費」と言われる動きも見える。政府が配る1人10万円の特別定額給付金も消費を後押しする。商戦の主役はズバリ家電だ。売り場の最前線を取材すると「巣ごもり生活」を反映し、やや値の張る商品の売れ行きが好調だった。

■大容量の冷蔵庫で自炊も快適に

1日午後の

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]