/

米朝首脳会談「年内は不必要」 金与正氏が談話

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長は10日、米朝首脳会談を開く可能性について「米国の立場の決定的な変化がない限り、年内ひいては今後も不必要だ」と主張する談話を発表した。米朝協議の再開には、米国が対北朝鮮敵視政策を撤回する必要があると強調した。

談話は朝鮮中央通信が伝えた。金与正氏は米国が対北朝鮮制裁を1年延長したことや人権問題を提起し続けている点を批判。「我々は決して非核化しないのではなく、今はできない」と訴えた。

非核化を巡っては、従来の主張である「米国との同時行動」が必要だと主張した。2019年2月の米朝首脳会談で取り上げた寧辺(ニョンビョン)の核施設廃棄と、経済制裁の解除を取引する案を再び議題とする考えはないと指摘したうえで「米国の不可逆的な重大措置」を要求した。

金与正氏は金正恩(キム・ジョンウン)委員長とトランプ米大統領の関係は良好だと重ねて言及。「トランプ大統領の活動で必ず良い成果があることを願う」とする金正恩氏のあいさつを紹介した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン