/

Zoomでプレゼン、エバーノート創業者が便利アプリ

室内の背景画像に、日本で撮影した写真を張り付けた様子。画像の人物がエバーノート共同創業者のフィル・リービン氏(出所:公式動画をキャプチャーしたもの)
日経クロステック

米情報管理ツールのエバーノート共同創業者で元最高経営責任者(CEO)のフィル・リービン氏は7日、ビデオ会議サービス「Zoom(ズーム)」や「Google Meet(グーグルミート)」や動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」などで利用できる新しいプレゼンテーションアプリ「mmhmm(ンーフ―)」を発表した。

従来のビデオ会議に比べて、背景の設定やプレゼンターの縮小・拡大など柔軟性が高く、視聴者の注目を集めるプレゼンを制作できるのが最大の特徴である。

mmhmmはビデオ会議向けにさまざまな機能を備える。例えば、従来のビデオ会議に比べて、自由度が高い背景を手軽に制作できる。室内や室外、アニメーションなど多様な背景を選択できるほか、テレビのニュース番組のように、自分の後ろ側に背景とは別の画像を張り付けられる。

この画像をプレゼン資料に置き換えれば、プレゼン資料を見せつつ、プレゼンター本人が顔を見せながら説明できる。従来の主要ビデオ会議では、相手にプレゼン資料を見せるか、あるいはプレゼンターの顔を見せるかのいずれかしかできなかった。

プレゼンターの縮小・拡大が可能。プレゼン中、資料をよく見てもらいたい場合はプレゼンターを小さくし、講演者の話に集中してほしい時にはプレゼンターを元の大きさに戻せる。

プレゼン資料を見やすくするためにプレゼンターを小さくできる(出所:公式動画をキャプチャーしたもの)

細かなグラフや数字が多数記載されている場合はスライドを拡大しつつ、プレゼンターを半透明にして、相手に顔とそのスライドを見せながら説明できるようにする。その半透明な状態のプレゼンターを小さくしてグラフ上に配置し、プレゼンターが強調したい箇所を指し示すこともできる。

半透明な状態のプレゼンターを小さくしてグラフ上に配置し、強調したい箇所を指で示している様子(出所:公式動画をキャプチャーしたもの)

他にも、背景とは別に、ウェブブラウザーの画面やスマートフォンの画面を配置・表示できる。スマホ画面を表示しながら、縦持ちしていたスマホを横持ちにすると、その画面も横表示にリアルタイムで切り替わる。ライブ番組も表示可能で、その番組を見ながらリアルタイムにコメントできる。

横持ちしたスマホの画面を表示している場面(出所:公式動画をキャプチャーしたもの)

「Dynamic Decks(ダイナミックデッキ)」と呼ぶプレゼンの録画機能も備える。この録画リンクをプレゼン相手に送って視聴してもらう。視聴者側で、そのプレゼンをある程度コントロールできる。例えばスライドを先に進めたり、プレゼンターを消したり、戻したりできる。

「Multiplayer(マルチプレーヤー)」と呼ぶ機能を使えば、離れた場所にいる2人が同じ画面を共有しながらスライドを操作してプレゼンできる。この2人が連携しつつプレゼンできる。一方が話しているとき、もうひとりは小さくする、といった使い方ができる。

今後も、さまざまな機能を追加する予定とする。現在、mmhmmは招待者限定でベータテスト中。さまざまな使い方を試す人を募集しており、mmhmmのウェブサイトから申請できる。なお、mmhmmは現状で米アップルのパソコン基本ソフト「macOS」向けのアプリである。

(日経BPシリコンバレー支局 根津禎)

[日経クロステック 2020年7月9日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン