米ウォルマート、保険代理店に参入 販売員を採用

2020/7/10 5:23
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=野村優子】米小売り最大手ウォルマートが、保険代理店事業に参入する。米CNBCが報じた。保険代理店「ウォルマート・インシュアランス・サービス」を立ち上げ、医療保険を販売する見通し。同社の採用ページには、8月から保険販売員を採用すると掲載されている。

ウォルマートは保険販売を開始する=ロイター

近年、力を入れてきたヘルスケア事業を拡充する狙いだ。6月にはスタートアップ企業のケアゾーンから処方箋管理などの技術を取得。2019年9月以降は「ウォルマート・ヘルス」という診療所を相次ぎ開設し、健診や検査など比較的低コストのサービスを提供している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]