プロ野球

ボーア上げ潮 Gを見返す特大決勝弾

2020/7/9 23:14
保存
共有
印刷
その他

7回阪神無死一塁、ボーアが右中間に先制2ランを放つ=共同

7回阪神無死一塁、ボーアが右中間に先制2ランを放つ=共同

開幕から暗闇を漂い続けた阪神に、ようやく光が差し込んできた。けん引役は新外国人のボーアだ。5日の広島戦での満塁本塁打に続く2試合連続の決勝アーチ。本拠地開幕戦で広い甲子園の中堅右に特大の一発をたたき込み、チームを今季初の3連勝に導いた。

【9日のプロ野球 結果と戦評】

七回、好投を続ける巨人・メルセデスの甘いスライダーを逃さなかった。極端に右に寄った相手のシフトをあざ笑うかのように、打球は巨人野手陣のはるか頭上を越えていった。

0-0の均衡を破る、飛距離も価値も特大の2ラン。最近5試合でも3発と、米大リーグ通算92本塁打の片りんをようやくのぞかせつつある。

開幕前の練習試合で3試合連続本塁打を放ち、「バースの再来」とまで騒がれた。ところが、巨人との開幕カード3連戦で12打数無安打。再三の好機をつぶし、チームは3連敗を喫した。苦汁をなめさせられた巨人に、あの時とは違う姿をみせることができた。

「相手もボーアを研究するけど、ボーアも慣れてくると相手投手の傾向が分かってくるからね」と矢野監督。徐々に日本野球へ適応する兆しを見せる主砲に目を細める。

10日からは観客が入る。ボーアはヒーローインタビューで「これからみなさんと一緒にプレーできることがうれしい」とあいさつした。一塁手としての守りは危うく、初回は二塁に悪送球。二回にも強烈な当たりを捕球できず、2失策を記録した。これでは甲子園のファンのため息を誘うことになりそうだが、持ち前のパワーはやはり魅力的。まだまだ5つもある借金の完済へ、その打棒はカギを握る。(田村城)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 楽天に移籍した涌井の背番号「18」を継承したロッテの二木が7回2失点で今季初勝利。6月30日の楽天戦で二回途中6失点でKOされて2軍落ち。1カ月間、直球の球威を上げるための下半身の使い方を調整してき …続き (8日 23:08)

 七回、1点差に迫ってなお2死満塁で打順が回った日本ハムの渡辺。160キロ超を連発する西武のギャレットに「人生で一番速い球」と驚きながらもファウルで粘り、フルカウントからの160キロを左前に運ぶ決勝2 …続き (8日 23:07)

 5回DeNA2死二塁、佐野が中越えに勝ち越し2ランを放つ=共同

 DeNAの4番佐野が五回、ヤクルト小川の投じた12球目をはじき返した。根負けしたように甘く来たスライダーを完璧に捉えた一撃が中堅バックスクリーンへ。「粘りながら集中力を切らさず打てた」という勝ち越し …続き (8日 23:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]