大阪万博プロデューサー、落合陽一氏・河瀬直美氏らで調整

2020/7/9 23:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の運営主体「日本国際博覧会協会」が、パビリオン構想の立案など万博運営の司令塔となるプロデューサーに、メディアアーティストの落合陽一・筑波大准教授、映画監督の河瀬直美氏ら10人程度を起用する方向で調整していることが9日、関係者への取材で分かった。

各プロデューサーは、秋ごろに公表する会場建設やインフラ整備などの基本計画作りに参加する。その後、本格化する準…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]