/

この記事は会員限定です

大阪万博プロデューサー、落合陽一氏・河瀬直美氏らで調整

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の運営主体「日本国際博覧会協会」が、パビリオン構想の立案など万博運営の司令塔となるプロデューサーに、メディアアーティストの落合陽一・筑波大准教授、映画監督の河瀬直美氏ら10人程度を起用する方向で調整していることが9日、関係者への取材で分かった。

各プロデューサーは、秋ごろに公表する会場建設やインフラ整備などの基本計画作りに参加する。その後、本格化する準備作業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン