/

キヤノン、8K撮れるミラーレス 7月下旬に発売

キヤノンは9日、高精細の「8K」動画を録画できるフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を7月下旬に発売すると発表した。ミラーレスの最高機種で、静止画では1秒間に撮れる最高コマ数を約20コマに引き上げた。写真と動画の両方の性能を引き上げ、プロカメラマンとハイアマチュアの需要を取り込む。

8Kの膨大な情報量を処理できるよう画像センサーを刷新。撮影時の画質を落とさずに色味や明るさを後から柔軟に編集できる「RAW」方式で、外部レコーダーを使わず録画することができる。既に8K動画を撮れるスマートフォンも登場しているが「映像制作を手がけるクリエーターなどの需要も見込む」(同社)。

一般的に動画から切り出した画像は写真に比べて画質が劣るが、約3300万画素の8Kでは高画質な静止画を切り出す用途も見込めるという。

このほか自動焦点(AF)機能を高め、鳥や犬など動物の瞳や顔も認識できるようにした。新たな手ぶれ補正機構も取り入れ、夜間や室内でも手持ちで撮りやすくなった。

価格はオープンだが、公式通販サイトでは本体のみを税別46万円で販売する予定。同じく最高機種で、8K録画機能を持たず価格を抑えた「EOS R6」も8月下旬に発売する。公式サイトでは税別30万5000円。

キヤノンは18年にフルサイズのミラーレス一眼に参入した。販売する交換レンズは現在11本で、7月下旬から新たに6本の交換レンズを発売する予定。高級ミラーレス機で先行するソニーを追う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン