/

イデコ拠出額、厚労省が上限2万円提示

厚生労働省は9日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)専門部会で、確定給付企業年金(DB)に入る会社員が最大で月2万円まで個人型確定拠出年金(イデコ)に拠出できるようにする見直し案を示した。現在は1万2千円としている限度額を引き上げる方針だ。

イデコは加入者自らが投資信託などで運用する私的年金の一つ。現在、企業型確定拠出年金(DC)を導入している場合はイデコに2万円まで拠出できる。DB導入企業では1万2千円までしか拠出できない。2万円にそろえて制度を分かりやすく整える。

厚労省は22年度以降の実現を目指し、関連業界へのヒアリングや必要な制度改正を進める。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン