三協立山、山下社長が退任 海外不振で3期連続赤字

2020/7/9 20:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三協立山は9日、山下清胤社長(66)が相談役に退き、平能正三取締役専務執行役員(62)が社長に昇格する人事を発表した。同日発表した2020年5月期連結決算は3期連続の最終赤字となった。不振の欧州事業は自動車向けなどの納入が伸び悩み、改善の見通しが立たない。新体制は欧州の立て直しと主力である国内建材事業の強化に取り組む必要がある。

社長交代は8月27日付。山下社長は9日の記者会見で「国内が悪くても…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]