埼玉県内の娯楽企業、販路や資金調達にネット活用

2020/7/9 19:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉県内のレジャー・スポーツ関連企業が、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ収益を補おうと新たな営業形態や資金調達法を模索している。オリジナル商品のオンライン販売や、インターネットで資金を募るクラウドファンディングがその代表例だ。顧客やファンとのつながりを頼りに事業を継続させ、苦境を乗り切りたい考えだ。

約3カ月間にわたり休業していた東武動物公園(埼玉県宮代町)は、オリジナル商品を販売するオンラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]