藤井七段、初タイトル持ち越し 渡辺棋聖勝ち第4局へ

囲碁・将棋
2020/7/9 19:31
保存
共有
印刷
その他

将棋の第91期棋聖戦五番勝負第3局が9日、東京都千代田区で指され、渡辺明棋聖(36、棋王・王将)が挑戦者の藤井聡太七段(17)を破って対戦成績を1勝2敗とした。17歳11カ月での最年少タイトル獲得記録にあと1勝としていた藤井七段だが、新記録は次戦以降に持ち越しとなった。第4局は16日に大阪市の関西将棋会館で指される。

対局を終えた渡辺棋聖は「1つしのぐことができた。依然としてカド番。この勢いでま…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]