/

会津大、スマートシティー研究 米アクセンチュアと

会津大学(福島県会津若松市)は米アクセンチュアと共同で、現在は各都市でまちまちのスマートシティーを運営するためのシステム共通化を目指す共同研究を実施する。内閣府が示した標準仕様に沿った基本ソフト(OS)やデータ管理などのプログラムをつくり、一般に公開する。国の政策と歩調を合わせ、数年以内の実現を目指す。コンサルティング会社のアクセンチュアは会津若松市のスマートシティーづくりに構想段階から関わり、ノウハウの蓄積がある。会津大はコンピューターサイエンス専門の大学である強みを生かす。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン