/

この記事は会員限定です

中国外相、対米関係「最も深刻な試練」 関係改善探る

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国の王毅(ワン・イー)外相は9日、北京市で講演し、対米関係について「国交樹立以来、最も深刻な試練に直面している」と述べた。「中国は米国に取って代わったり対抗したりする意思はない」とも語り、関係改善を探る考えを示した。

王氏は米国批判を抑え「中米関係は世界で最も重要な2国間関係の一つだ」と訴えた。5月24日の記者会見では「米国の一部政治勢力が中米関係を人質にし、新冷戦にもっていこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン