/

この記事は会員限定です

新型コロナ、廃業ラッシュ加速か 苦肉の銀行受け皿化

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行は後継者難に悩んでいる中小企業の経営者が廃業を決断する引き金となりそうだ。中小企業基盤整備機構に寄せられる相談件数は年々増え、19年度は1万1500件と過去最高の18年度と並んだ。2025年に127万に上ると予測されてきた廃業予備軍を減らすのは難しく、銀行が身を乗り出さざるを得なくなってきた。

70歳以上で後継者が未定の中小企業の経営者は25年に127万人に上ると予測されて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン