コメ余り、飼料米転換で価格下支え 東北各県やJA

東北
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
2020/7/9 17:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コメの生産量が全国の3割を占める東北で、在庫過剰による米価下落の懸念が強まっている。新型コロナウイルスの影響で需要が低迷し、主食用を中心に在庫が膨らむ。2020年産の主食用米の作付面積も前年並みにとどまったもよう。各県やJAは飼料用米への転換を呼びかけるなど、対策を強めている。

福島県やJA福島中央会などは主食用から飼料用への転換を国に届け出るよう農家に求めている。同県の20年の作付面積は4月末…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]