箱根の観光交通、再開へ着々 鉄道やロープウエー駅

台風19号
2020/7/9 18:58
保存
共有
印刷
その他

箱根登山鉄道は23日に全線運転を再開する(9日、箱根町)

箱根登山鉄道は23日に全線運転を再開する(9日、箱根町)

2019年10月の大型台風などによって一部寸断されている箱根の観光交通の復旧が、再開に向けて着々と進んでいる。箱根登山鉄道(神奈川県小田原市)は9日、運休中の箱根湯本―強羅駅間で旧型車両が試運転する様子を報道陣に公開した。これまでのところ、試運転で特に問題は出ていないという。

同鉄道は23日に全線で運転を再開する。箱根の主要観光ルート「ゴールデンコース」を結ぶ重要な区間で、これまで代行バスなどで対応していた。地元や観光客からは復旧が待ち望まれており、担当者は「最後まで気を引き締めて23日を迎えたい」と話す。

9日には「箱根登山ケーブルカー」と「箱根ロープウェイ」の乗換駅の早雲山駅が改装オープンした。無料の足湯がついた展望テラスを新設した。箱根の山や強羅の街並みなどを眺められ、駅構内にある売店で買った軽食を持ち込める。

エスカレーターや多機能トイレ、授乳室などを新設。噴石や火山ガスへの対策を施し、観光名所「大涌谷」の周辺で火山活動が活発化した場合に約300人を受け入れられる一時避難施設としても使えるようになった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]