テックワン、再利用可能な医療用防護服を開発

2020/7/9 16:47
保存
共有
印刷
その他

染色加工を手掛けるテックワン(石川県能美市)は9日、再利用できる医療用防護服「メディマット メディカルガウン」を開発したと発表した。生地の表面をエタノールや次亜塩素酸などで消毒して洗濯すれば、30回以上繰り返して使える。9月からの生産開始を目指し、医療従事者向けに販売する。

防護服はワンピースタイプ(左)と上下分かれたタイプ(右)の2種類がある

生地の表面と裏面には銀イオンによる処理を施し、抗菌・抗ウイルス性を保証する「SKEマーク」を取得した。素材には防水性がありながら汗などの水蒸気を外部に発散する特殊なフィルムを使用。防護服内の蒸れを防ぎ、快適な状態を保つ。酸やアルカリにも強く、複数回の消毒にも耐えられる。

ワンピースタイプと上下が分かれたタイプの2種類があり、サイズは4種類を用意した。価格は未定。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]