/

消費者還元事業が終了 キャッシュレス継続のススメ

ポイント賢者への道(173)

キャッシュレス・消費者還元事業は6月末で終了した

昨年10月の消費増税のタイミングで始まったキャッシュレス・消費者還元事業が6月末で終了しました。7月以降はコンビニエンスストアで購入しても2%還元はありませんし、中小事業者の店舗でキャッシュレス決済しても5%還元はありません。還元がないのなら現金に戻すという人もいるかもしれませんが、やはりおトクという点ではキャッシュレスを続けるのがいいでしょう。

店頭のポスターには「2%・5%還元」とありましたが、その数字は「上乗せ分」だったのです。1%還元のクレジットカードの場合、実際の還元は3%、6%であり、還元事業が終了しても、キャッシュレス決済で通常獲得できる1%還元はそのまま残ります。

新型コロナウイルス感染防止の観点から現金に触るより安心という面もあります。スマートフォン決済を利用すると、自分のスマホだけで払うことが可能です。最近はクレカをかざして支払いをする「タッチ決済」を利用できる加盟店も増えてきており、安心という点でのキャッシュレスも考えてみてください。

還元事業の終了を見越したキャンペーンやサービスも発表されており、楽天ペイの場合は楽天カードから楽天キャッシュにチャージして支払うと1.5%還元になります。楽天カードをひも付けたり、楽天カードで支払うよりも0.5%分おトクです。

ローソンではセルフレジを利用時にPontaカードやdポイントカードをスキャンすると2%還元です。JR東日本の駅ビルでおトクなJREカードは、8月末まで駅ビルでの支払時に2%上乗せの5.5%還元となります。

9月以降にはマイナポイント事業も控えています。還元事業が終了したからといって、すぐに現金に戻るのはやめましょう。

菊地崇仁(きくち・たかひと)
 北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン