/

この記事は会員限定です

先送りの政治いつまで 電子政府、一極集中是正進まず

編集委員 坂本英二

[有料会員限定]

危機にひんした際の日本人の節度ある行動は、海外でよく称賛される。

麻生太郎副総理・財務相のように「民度が違う」と自慢するのは気が引けるが、新型コロナウイルスへの対応でも国民の積極的な協力がリスク軽減に役だったのは間違いない。

危機と日本人――。政界では1963年に訪米した大平正芳外相が、ケネディ大統領と交わした会話が語り継がれている。

大統領は「あの敗戦から日本がこうも早く復興できた秘密は何か」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン