佐川急便、AI活用で再配達防ぐ 9月に実証実験

2020/7/9 14:53
保存
共有
印刷
その他

SGホールディングス傘下の佐川急便と東京大学大学院などは9日、再配達の削減を目指す研究を進めると発表した。神奈川県横須賀市と東京電力ホールディングスなどが設立したグリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合が参画する。スマートメーター(次世代電力計)のデータを基に効率的な配送ルートを作成する研究で、2020年9月に同市で実証実験を行う。

スマートメーターから送られてくる電力使用量のデータなどから人…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]