パナソニック、脱モノ売り依存は「現場」に解
米ソフト大手出資で促すDX改革

2020/7/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックはデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて事業モデルの変革を急いでいる。目指すのは家電など「モノ売り」だけでなく、サービスも付加した「リカーリング(継続課金)」型の収益モデルだ。860億円の出資を決めた米サプライチェーン・マネジメント(SCM)ソフト大手のブルーヨンダーとの提携はその取り組みの一つだ。

「現場の問題解決にこそビジネス機会がある」。7月2日、画像認識の関連事業を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]