[FT]M&A急減、独立系投資銀行が代替事業拡大

金融機関
FT
2020/7/9 15:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で、7年に及ぶM&A(合併・買収)ブームが突然終わりを告げ、ブティック型投資銀行は試練に直面している。単に取引を仲介する「ディールショップ」以上の存在意義を示せなければ生き残りは難しい。

コロナ不況を乗り切るのに精いっぱいの企業はM&Aに慎重になり、手数料収入が激減している。ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど、業務の多角化が進んだ大手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]