/

この記事は会員限定です

ソウルの不動産、止まらぬ高騰 文在寅政権の火種に

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]

韓国の首都ソウルで不動産の高騰が止まらない。文在寅(ムン・ジェイン)政権の発足から3年でマンション価格は5割も上昇。マイホームを諦める人が増えている。その陰で政府高官や与党議員が複数の住宅を所有し、資産を増やしている実態が明らかになり、国民が不信感を募らせている。不動産問題が、残り2年を切った文政権の最大の内政課題になるのは確実だ。

大統領府高官が「炎上」

「大統領府の秘書官級以上は住宅をひとつだけ残し、残りは今月中に処...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン