/

この記事は会員限定です

見えない悪意、現代の恐怖 映画「透明人間」

[有料会員限定]

1933年に米ユニバーサル映画がH・G・ウェルズの小説を原作に製作したSFホラー『透明人間』は多くの再映画化を生んだ。

本作は『ソウ』シリーズのリー・ワネルが監督。ストーリーも作って脚本を書き、透明感のある冷えた映像の中に、現代の恐怖である見えない悪意が怖いサイコ・サスペンスになった。

富豪の天才科学者エイドリアン(オリヴァー・ジャクソン=コーエン)の異常な執着に怯(おび)えるセシリア(エリザベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン