共依存の闇、深く生々しく 映画「MOTHER マザー」

アートレビュー
2020/7/10 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

息子は母の期待に応えることにしか、自分の価値を見いだせない。母は息子に頼りきり、その心を支配する。母子がその関係性に依存しすぎて、自分自身を見失っている。そんな状態を「共依存」と呼ぶという。

困窮の末に祖父母を殺して金を奪えと指示した母。殺害を実行した17歳の息子。2014年に起きた川口祖父母殺害事件に着想を得た大森立嗣監督の新作は母子の共依存の闇を描く。

秋子(長澤まさみ)は奔放な母親だ。幼…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]