統治改革進める静岡銀行 柴田頭取「意思決定早める」

地域金融
静岡
2020/7/9 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡銀行がデジタル時代に対応した経営改革を急いでいる。取締役と執行役員の役割分担を明確に分けたほか、デジタル技術を変革に生かすデジタルトランスフォーメーション(DX)に対応した組織作りを目指す。柴田久頭取は地域金融機関を取り巻く経営環境が激変する中で「意思決定を早めなければならないとの問題意識がある」と改革の必要性を強調する。

――株主総会後に経営体制を変えました。

「取締役を10人から9人に減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]