日経平均、3日ぶり反発 終値90円高の2万2529円

2020/7/9 9:10 (2020/7/9 15:35更新)
保存
共有
印刷
その他

9日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら3日ぶりに反発し、前日比90円64銭(0.40%)高の2万2529円29銭だった。ソフトバンクグループ(SBG)や、伊藤忠が買収を発表したファミマに買いが集まり、2銘柄で日経平均を約120円押し上げた。4~6月期の決算発表シーズンを控え、買いを見送る投資家が多い。東京都で9日、新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多となる220人以上確認されたことも、投資心理に重荷となった。

前日の米IT株高や、30年ぶりの水準に上昇した台湾株を受け、情報・通信業やハイテク株への買いは目立ったが、物色の裾野は広がらなかった。

JPX日経インデックス400は小幅高。前日比3.83ポイント(0.03%)高の1万4060.28だった。東証株価指数(TOPIX)は横ばい。0.01ポイント(0.0%)高の1557.24だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆2220億円。売買高は11億7582万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は594と、全体の約3割だった。値下がりは1496、変わらずは81だった。

エーザイファナックソニーファストリが高い。ファミマは大引けで、制限値幅の上限(ストップ高水準)で配分された。第一三共セコムキッコマンは安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]