五輪に思う 資生堂社長兼CEO 魚谷雅彦

エッセー
2020/7/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1964年の東京五輪・パラリンピックのとき、私は小学校4年生だった。カラーテレビが普及し始めた時代。我が家も新しいテレビを購入し、家族でくぎ付けになった。社会人になって日本コカ・コーラで働いていたこともあり、五輪とは濃い付き合いをさせてもらっている。

コカ・コーラは28年のアムステルダム大会からスポンサーとして大会をサポートし続け、五輪の仕事がしたくて入社する人もいるくらいだ。私も98年の長野冬…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]