/

コロワイド、大戸屋HDにTOB発表 最大71億円

外食大手のコロワイドは9日、定食チェーン「大戸屋」を展開する大戸屋ホールディングスの株式をTOB(株式公開買い付け)で買い増すと発表した。コロワイドは最大で71億円を投じ、大戸屋HDの株式保有割合を現在の19%から51%に引き上げる。子会社化することで大戸屋HDの業績回復を目指す。大戸屋HDは「現時点ではコメントはない」としている。

買い付け期間は10日~8月25日まで。買い付け価格は1株あたり3081円で、8日終値(2113円)より46%上回る。コロワイドは、大戸屋HDとの協業によるシナジーを見込んだ上で、大戸屋HDの2021年3月期から25年3月期の収益や投資計画をもとに買い付け価格を算定した。21年3月期は新型コロナウイルスの感染拡大影響で営業損益などが減益になる一方、22年3月期は増益が見込めるという。

コロワイドの現在の保有分を含んだ買い付け予定数の下限は、発行済み株式の45%とした。上限は51.32%と設定し、子会社化しても上場は維持させる考え。加えて、TOBが成立すればコロワイドは大戸屋HDの経営体制を刷新する方針を示した。

コロワイドは19年10月、大戸屋HDの創業家から株式を取得し筆頭株主になった。大戸屋HDは既存店売上高の前年割れが続き、20年3月期の最終損益は上場来初の赤字だった。同社の経営再建を掲げ、コロワイドは20年6月の定時株主総会で経営陣の刷新を求める株主提案を行ったが、否決されていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン