/

この記事は会員限定です

老舗紳士服店の破綻とコロナ後のシナリオ

米州総局 中山修志

[有料会員限定]

8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は177ドル高と反発し、2万6067ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念から小売業や消費財メーカーに売りが出た一方、アップルやマイクロソフトなどIT(情報技術)系の値がさ株が買われ平均株価を支えた。

衣料品チェーンのブルックス・ブラザーズが8日、米連邦破産法11条の適用を申請して経営破綻した。1818年にニューヨークで創業した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン